HOME お問合せ 音響免疫療法の試聴 親子相談会・教室説明会 県外の方も教材がレンタルできます
 脳の特性に合わせた発達障害児指導を行ないます

『室でご指導させていただく中で、日々感じるのは家庭での障害児教育・指導の重要性です。園や保育園にまかせっきりでは、思うような成長が期待できません。

もちろん、園や学校も、それはそれとしていい面もたくさんあります。しかし、「脳の特徴を活かして子どもを無理なく伸ばす」ことに着目した指導法は、園や学校での指導とは異なります。
お家で具体的に行ってほしいことは、聴覚からの刺激をベースに発達を促していくという指導方法です。

じつは脳の特徴は、大人も子どもも同じで変わりません。また、発達障害・学習障害のお子様(発達障害児)と健常児といわれるお子様も同じ特徴を持っています。

脳は五感からの情報を処理するところで、とくに社会性を育む人間的な活動には、目と耳(すなわち「視覚と聴覚から)脳に届く情報」がもっとも重要になってきます。特徴が人間みな同じというのは、耳には24時間休みなく音を聞こうという習性があります。目も朝、目が覚めてから夜目を閉じて眠るまで、視界に
見えるものを見続けています。自動的に絶えず情報が脳に届き処理されているのです。
しかし、現実には発達障害のお子様と健常児とはコミュニケーション力や社会性の面などで、大きな違いが生じています。それゆえ現状、障害児教育はとても忍耐と根気を要する割りには、成果が思うように出ない現実があります。

なぜ、これほど難しいのか?ということを私もずっと考えてきました。

じつは私の長男も軽度発達障害で、息子の成長のためにいろいろな民間な発達療法も体験して実践してきました。そこでわかってきたことがあります。つまり、同じだといいましたが、厳密には大きな違いがあることがわかったからです。

同じように聞いていても大人や健常児はコントロールされた情報が脳に届きそれをある程度理解していますが、障害児の目と耳からの情報はコントロールされずに届いているので、それがこだわりや自閉や多動という症状を生み出す一つの要因であるということがわかってきたからです。言い換えると、障害児の場合、
「見えていても視ていない」状態。「聞いていても聴こえていない」状態なのです。

これは、「原始反射の残存」という発達障害児の行動リズムの根幹に横たわるアンバランスが大きな原因となって起こる現象なのです。だからこの「原始的な行動リズム」を弱める取り組みと、その特徴を活かす指導法が必要不可欠になってくるのです。

ところが、一般の学校教育は、このような発達障害児の脳の特徴を活かした教え方をしていません。特に、特別支援学級のお子様に対する指導現場で「原始反射の矯正」を目的とした「目と耳の状態に焦点を合わせた」観点からの指導は皆無だといっていいと思います。現在一般的に行なわれているのは、時系列に順序立てて教えていく。すなわち物事を部分に分けて積み重ねる教育法です。ゆっくりゆっくりと根気強く教えていく方法で取り組んでいます。

しかし、最近の脳科学の進歩で、どうやら従来の発達障害児教育は、脳の特徴にあったやり方ではないということがことがわかってきました。実際の脳の中で起こっていることは、部分と全体を並列的(瞬間的・同時進行的)に処理することが普通に行なわれています。記憶のメカニズムは、一つの事柄(キーワード)が
イメージされると瞬時に派生的な事柄が湧き出る仕組みになっているようなのです。

つぎに、語彙力=IQといわれるように、出来るだけ多くのことばを知ることで、必然的に世界が広がっていきます。発達障害児や学習障害児はこの語彙力が非常に弱いのが特徴です。それは、イメージ力の弱さに置き換えることができます。そこから空間認知力、時間認知力の弱さにつながっていきます。

同じように物を見ていてもイメージとして長く残らないのです。同じように聞いていてもことばの意味を長く記憶にとどめることが出来ないのです。イメージが持続しないということは、会話は瞬間瞬間のイメージで成り立つものなので、コミュニケーションが当然取りにくくなってきます。それゆえ、衝動性や注意力の散漫という行動となって現れます。
じつは、このイメージの持続力の弱さも「原始的な反射」リズム(脳幹のリズム)の残存が原因となっています。発達障害児(自閉症児、多動児)の行動リズムは脳幹のリズムに左右されています。突如、意識水準が下がったりして集中力がなくなり、パニックを起こしたりするのも、それが原因なのです。

この語彙力、イメージ力を障害児に身に付けさせる方法を、従来の「部分の積み重ね」ではなく、全体からの把握(トップダウン)で行なう方法での指導・アドバイスをいたします。この方法で、視る力・聴く力を工夫しながら訓練すると、大きく変化が起こります。もちろんお子さんの状態によってちがいはありますが、イメージ力、語彙力、文章理解力がグンと伸びていきます。具体的には、目と耳を高速学習ソフトを用いて訓練していくことで、発達障害や学習障害のお子
様も、成長の速度が増します。このソフトは実際に翔和学園という特別支援学校で導入されているものと同じソフトを使っています。これは、脳がもっともシンプルに働き記憶に結びつくプロセスを元に開発され、日米高速記憶の新技術として、特許を取得しています。また、その効果を目に見える形にするために、
(ゲーム感覚で行なう)プリント学習 や脳幹のリズムを原始的な反射から、一定の持続へと向かわせるダイナミックな感覚刺激などしながら補足します。
(※ダイナミックな感覚刺激とは、激しく大きくからだを動かすという意味ではありません。脳の神経回路が原始反射のリズムから、人間本来の生体リズムへと矯正していくために必要な、一定リズムの感覚刺激をそのように定義しています。

『ひらめき集中塾』では、このような五感に残る原始反射を矯正する目的で、時には負荷刺激の必要性もアドバイスいたしております。発達障害児の脳のリズムの特徴を活かすためには、それらを合わせて行なうことで、より高速学習の効果を増します。
 
発達障害・学習障害児の数は年々増加しています。しかし、早めに手立てを打つことで、間違いなく将来の自立への可能性は開かれてきます。それを知っていただくだけでも、保護者の方は希望をもてるので、子育てへの意識が変わります。それが、広がって行くことで必ず多くの方に喜んでいただけるのではないかという自負を持って取り組んでいます。脳の特徴はみな同じです。でも、発達障害児の脳の特徴は、それにプラス大きな特徴があります。それをきっちり踏まえていくことができれば、たいへん有効な指導法だと思います。


高速リスニング・高速フラッシュソフトがという教材を使えます

高速リスニングソフト・高速フラッシュソフト・24時間自然音(クラシック)環境ソフトは、月謝で教室に入会されるとお貸ししております。

自宅でも、教室と同じレベルの指導ができるので、ご遠方の方にも喜ばれています。

その他、お子さまの発達のために有効ないろいろな方法を、教室ではアドバイスさせていただいております。ぜひ一度、ご参加ください。


教室での取り組み

教室では、はじめにソフトへの集中力効果が高める目的で、楽しいプリントや眼球トレーニング積み木などを行って、お子さまがリラックスした状態での指導をこころがけております。

また、新しい情報も随時お伝えしながら、ご自宅でもできる方法を随時アドバイスし、実践していただいております。

その他、なかなか落ち着いてソフトが見れないというお子様には、脳幹トレーニングのポイントをお伝えし、特定刺激にすぐ反応して、注意が散漫になってしまう行動パターンを弱める(わるいパターンの組み換え)取り組みを行ってもらいます。
たとえば、井深大さん(ソニーの創業者で幼児教育研究家)が推薦されていたボードトレーニングなどの脳幹トレーニングは、ご自宅でも実践でき、それらの効果で「以前に比べ集中できるようになった」と喜ばれています。やはり、落ち着いてソフトを見る習慣ができたお子様は確実に伸びていかれるからです。自宅でも質を落とさない指導ができるので、たとえ月の一回のお子さまでも、言葉が増えたり、学習への意欲がましていることを感じております。

他にも、できる限りのサポートをさせていただいておりますので、また、ご都合のよいときに教室にもお越しいただければ幸いです。

ご不明な点は、いつでもお気軽にお尋ねください。


教室の紹介

なぜ発達教室を

親子相談会・教室説明会

発達メソッド成立の背景

知的障害の栄養改善からのアプローチ

家庭力アップで子どもは成長

感覚刺激による成長促進

原始反射の矯正

〜関連ブログ〜

発達障害児・学習障害児を伸ばすヒント

脳に必要な栄養素(糖鎖について)

トータルな障害児教育メソッドを求めて

HOME  なぜ発達教室を  お申込み  お問合せ   親子相談会・教室説明会   特商法の表記

発達教室『ひらめき集中塾』の場所
  
1.堅田教会内 (予約制)
   滋賀県大津市本堅田3-18-6 

2.粋々館(いきいきかん) (予約制)  
    滋賀県大津市南郷1-8-6

教室のコースと費用
入塾費:5千円(ただいま無料)
月1〜4回コース:2万円(月謝制、特別教材をセットでレンタル) 
単発コース(5250円)
個別面談コース(5250円)

時間:55分間

『ひらめき集中塾』教室説明会 (5250円)

予約お申込みは  こちらから

詳細については下記までお尋ねください。

堅田教会
子供や赤ちゃんのイラストわんパグ
子供や赤ちゃんの
イラストわんパグ
リンクページ
Copyright (C) 2009 『ひらめき集中塾』 All rights reserved
子供や赤ちゃんのイラストわんパグ
粋々館
inserted by FC2 system